マルタ渡航計画まとめ 4/20更新

マルタ

こんにちは。たろう(31)です。
2021年4月末のマルタ渡航の計画を自分用にまとめていきます。

カタール航空での渡航検討

航空券について

片道5万前後で、3時間前までのキャンセルや変更が無料でできるということで、カタール航空が安くていろいろと融通がききそう。
直前のPCRで陽性になってしまったとしても、安心して変更ができると思う。

乗り継ぎ時の陰性証明について

マルタへの渡航には、カタール航空だとドーハ(カタール)やローマ(イタリア)の乗り継ぎが発生するのだが、カタール航空に電話で問い合わせしたところ、4/19現在、ドーハは陰性証明なし、ローマは陰性証明が必要とのこと。
詳しい状況は各国の大使館に連絡してということなので、また確認して追記します。

ANAでの渡航検討

航空券について

調べてみるとflexタイプの航空券でも片道7~8万だったので、サポートも安心?なANAも検討してみることに。
ちなみに払い戻し(キャンセル)は30,000円の手数料がかかるとのこと。

乗り継ぎについて

ここで問題が発生。ANAだとフランクフルト経由なのだが、フランクフルト経由でのマルタの渡航は、5/12までは何やらハードルが高そうな表記が…
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/coronavirus-travel-information/immigration/#immigration

ターキッシュエアラインズ

Twitterの最新のマルタへの渡航情報を見ている限りだと、ターキッシュエアラインズでトルコ経由の渡航がベストな気がする。

不安な点をサポートに確認してみた。

semi-flexibleとflexibleについて

15,000円ぐらい違うこの料金。ホームページやネット上にもあまり情報がなく判断に迷っていたのだが、サポートの回答によると、以下の通りだった。

キャンセルについて

semi-flexibleだと、チケットによっては26,000円が発生する。
flexibleでは不要。

日程の変更について

現在コロナの影響で、変更料金は発生しないとのこと。
※もちろん差額が発生する場合は別

乗り継ぎと陰性証明について

トルコでは24時間以内の乗り継ぎは陰性証明の提出は不要とのこと。
なのでマルタの入国時の検疫状況次第。
Twitterでは陰性証明無しで15分程度で検査してもらった等の情報もあるが、陰性証明を持って行ったほうが無難だろう。

予約完了

無事ターキッシュエアラインズで予約が完了。
その際にフレキシブル関連の説明も表記されていた。。

Follow me!

コメント

PAGE TOP