コロナ禍の海外旅行[イタリア]

旅するふたり≪海外編

2021年、イタリアには入国できるの?

入国できます

日本からイタリアに渡航される方向けの情報
  • 72時間以内にSwab検体によるPCR検査又は抗原検査の陰性証明書
  • EU Passenger Locator Form(事前登録のQRコード)
  • ワクチン接種証明書又は治癒証明書

上記の3つの項目をクリアしていれば、日本のパスポートを持つ日本人は特にビザを取得することなく、イタリアに入国できます。
(シェンゲン協定で180日以内の間に90日間の滞在まで)

今回はフランスからイタリアに入国しました。
日本から入国したいという方には情報が不足してしまうため、調査したものを下記にまとめました。

EU内での移動をお考えの方に参考にしていただければ幸いです。

イタリア入国に必要なもの

  • パスポート
  • 航空券(片道でもOK)
  • EU Passenger Locator Form(事前登録のQRコード)

今回、フランスで衛生パス(グリーンパス)を取得することが出来たので、PCR検査はしていません。

EU Passenger Locator Formってなに?

イタリアに入国するために旅行者情報を登録し、必要なQRコードを作成するものです。

こちらのサイトから作成できます。

EU Digital Passenger Locator Form (dPLF)

登録方法について

  1. サイトにアクセスします。
  2. 「Start Here(ここから始める)」をクリック
  3. 「Select your final destination country(最終目的国を選択)」→「Italy/IT」を選択
  4. 「Transportation Type(入国方法)」→「Aircraft(航空機)」
  5. 「Before you begin(始める前に)」
    □ I will fill out and submit the form completely, correctly, and truthfully.(正しく記入して提出します。)
    □ I have read the Privacy Notice(プライバシーに関する同意)
    チェックボックスを2つチェックしてください。
  6. 「Login(ログイン)」してください。
    「Email(メールアドレス)」受信可能なメールアドレスを入力してください。
    「Password」各自でパスワードを設定してください。
    初めてのログインの方は「Register(登録)」をクリック
  7. 届いたメールのURLから再びアクセスしてください。
    以下、質問に沿って入力してください。
  8. 「Aircraft Flight Information(フライト情報)」について入力してください。
    「Direct Flight(直行便)」or「Non-Direct Flight(経由便)」
    「Airline Name(航空会社名)」
    □Please check if your flight is private.(プライベートジェットですか?)
    「Flight Number(フライト番号)」
    「Seat Number (Optional)(座席番号)」
    「Boarding Country / Place(出発国)」
    「Date/time of Departure(出発日時)」
    「Boarding Airport(搭乗空港)」
    「Date/time of Arrival(到着日時)」
    「Destination / Transit Country(経由地)」
    「Destination / Transit Airport(経由空港)」
    「Final Destination Airport(到着地)」
  9. 「Personal Information(個人情報)」について入力してください。
    「Last(family)name(姓)」「First(given)name(名)」
    「Sex(Optional)(性別)」
    〇 Male(男)、〇 Female(女)、〇 Other(その他)
    「Date of Birth(生年月日)」
    「Type of ID Document used for travel(Optional)(身分証の種類)」
    〇 Passport(旅行者はこちらを選択してください。)
    「Primary Telephone Number(電話番号)」日本の電話番号は先頭に+81をつけて90or80から入力してください。
    「Other Telephone Number(その他の電話番号)」
    「Email Address(メールアドレス)」
  10. 「Permanent Address(住所)」について入力してください。
  11. 「Temporary Address(es)in visiting Country(滞在先)」について入力してください。
  12. 「Emergency Contact Information(緊急連絡先)」について入力してください。
  13. 「Declaration(宣言)」について入力してください。
    「Date of Birth(生年月日)」
    「Place of Birth(出生地)」
    「Country of Birth(都道府県)」
    「citizenship(Japanと入力してください。)」
    〇 ListD(日本から入国される方はこちらを選択してください。)
  14. 以上の提出作業が完了すると、登録したメールアドレスにQRコードが届きます。

飛行機に乗ってから入国までの流れ

私が乗った飛行機は、パリ(ボーヴェ空港)→ローマ(フィウミチーノ空港)です。
ライアンエアーで航空券を手配しました。

パリでのチェックイン

ワクチン接種証明が出来るものを求められました。
こちらでは、事前に取得した衛生パスのQRコードを提示しました。

ローマ

いよいよ入国です。
飛行機を降りたら、広い搭乗ロビーに降りて、免税店を抜けて、荷物を取ります。
フィウミチーノ空港は大きくて迷子になりそうでした。
入国手続きする前に空港でカフェに入りたくなりました。
やっと入国手続き…のはずが、いつの間にか到着ゲートを抜けていました。
どういうこと?

まさかの審査なしでした。
EU圏内の移動ということで、緩いのかもしれません。

入国してから不便だったことは?

ローマ市内を旅行しました。

マスクをしていること以外はコロナということを感じさせません。
外ではマスクをしていない人もいました。
観光もコロッセオ、トレビの泉、バチカン市国、パンテオン、サンピエトロ大聖堂など、外から見ても楽しめるものが多かったので、規制などは感じませんでした。

レストランでの食事もQRコードの提示を求められることはなかったです。
観光地では、わいわいしながら食事やお酒を楽しむ人で賑わっていました。

人が多い場所と少ない場所が極端で、首都なのに夜に灯りが全く付いてないマンションらしきがあったり、怖かったです。コロナだから!?
空港と中心地を結ぶテルミニ駅は大きなターミナルですが、ホームレスが多く、夜は怪しい人がいます。

日本語は全く通じません。英語は通じます。
イタリア語で「チャオ(挨拶)」と「グラツィエ(ありがとう)」は覚えましょう。

日本からの入国

パスポートや航空券の他に以下3点を事前ご用意しましょう。

  • 72時間以内にSwab検体によるPCR検査又は抗原検査の陰性証明書
    (出国に際しての陰性証明書について記事にまとめました。)
  • EU Passenger Locator Form(事前登録のQRコード)
  • ワクチン接種証明書又は治癒証明書
    (自治体で発行してもらえます。)

入国に際しての書類を持っていないことで、日本発の飛行機のチェックインが出来ない可能性があるため、印刷して揃えておくと安心です。

私が受けたRT-PCR検査

英文での陰性証明書を取得するために、ローマ市内でRT-PCR検査を受けました。
※日本への帰国ではないため、日本所定のフォーマットでの陰性証明書を発行できるかは不明です。

  1. 「uFirst」アプリをダウンロードしてください。
    GoogleストアまたはAppStoreでダウンロード可能です。
    「uFirst」は、多くのイタリア企業が導入している予約アプリです。
  2. 「DataMedica」を検索してください。
    平日の16:00までにテストを受けた場合、結果は7時間以内にメールで届きます。
    16:00以降にテストを受けた場合、結果は翌平日の正午までに届きます。
  3. 日付と時間を選択して、PCRテストを予約をしてください。
  4. 「DataMedica」でPCR検査を受けてください。
    現地でswabテストの料金60€を支払いして、検査を受けます。
    所要時間は10分程です。
  5. 結果が出たことを知らせるメールが7時間後に届きます。
    支払い時に各自アクセスコードが発行されます。
    オンラインで確認し、陰性証明書はPDFでダウンロードします。

帰国用PCR(ローマ)

こちらのホームページで紹介されています。

https://www.roma-nihon.it/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E9%96%A2%E9%80%A3%E6%83%85%E5%A0%B1-1/#cv05

帰国用PCR(ミラノ)

こちらの病院で検査が出来ます。

https://www.cdi.it/

Follow me!

コメント

PAGE TOP