コロナ禍の海外旅行[フランス]

旅するふたり≪海外編

2021年、フランスには入国できるの?

入国できます

フランスの出入国措置について

大使館のホームページにあるように、日本は「グリーン国(最も規制が少ない)」に該当しているため、渡航可能です。

日本のパスポートを持つ日本人であれば特にビザを取得することなく、フランスに入国できます。
(シェンゲン協定で180日以内の間に90日間の滞在まで)

今回はスペインからフランスに入国しました。
日本から入国したいという方には情報が不足してしまうため、調査したものを下記にまとめました。

EU内での移動をお考えの方に参考にしていただければ幸いです。

フランス入国に必要なもの

  • パスポート
  • 航空券(片道でもOK)
  • フランスの衛生パス

フランス国内で必要な衛生パス

フランスでは、衛生パスやグリーンパスと呼ばれるワクチンパスポートが必要です。
このワクチン接種証明のQRコードがないと不便が多いです。
私は事前にWebで申請しました。

飛行機に乗ってから入国までの流れ

私が乗った飛行機は、マドリード→パリ(ボーヴェ空港)
ライアンエアーで航空券を手配しました。

マドリードでのチェックイン

ワクチン接種証明が出来るものを求められました。
こちらでは、事前に取得した衛生パスのQRコードを提示しました。

パリ

いよいよ入国です。
飛行機を降りたら、荷物を取ります。
そのあと入国手続き…のはずが、係の人がいません。
なんだかそのまま列に続いてゲートをくぐり抜けて、自由行動です。

まさかの審査なしでした。
EU圏内の移動ということで、緩いのかもしれません。

入国してから不便だったことは?

パリ市内を旅行しました。

テイクアウトする分にはスムーズに買い物できます。
ただし、店内で食事をする場合は必ず衛生パスを要求されます。
QRコードをスキャンしてから、席に座ることが出来ます。
時々チェックしないお店があったり、鉄道ではチェックがなかったりもしました。

外でのマスクはしてない人が多いです。
建物の中ではマスクをするよう表示があります。
ディズニーランドでは、キャラクターとのグリーティングは紐で距離を空けるようになっていて、マスク着用でした。

ディズニーランドのチケットは2日前でも購入できました。
ただ、エッフェル塔に入場するチケットは前日だと売り切れていたので、観光客は多いのかなっと思いました。

幸い、差別的なことや危険と直面するようなことはなかったです。
昼間は観光客や人で賑わっていましたが、夕方から夜には急に人が減ります。
大都市なのにゴーストタウンの雰囲気さえ漂う通りもあり、怖かったです。
コロナだから!?

日本語は全く通じません。英語は通じます。
フランス語で「ボンジュール(挨拶)」と「メルシー(ありがとう)」は覚えましょう。

3つ星ホテルに泊まりましたが、ちょっと物足りないビジネスホテルという感想です。
歯ブラシは付いてませんでした。あとはドライヤーの風が弱かったです。100€ほどです。
安くて綺麗そうでも治安が悪い場所の可能性があるという情報をきいていたので、ホテル選びは難しかったです。もしかしたらコロナ価格で、通常よりお得かもしれませんが。

物価が高かったり、治安が不安なこともありましたが、パリの街は素敵な建物や芸術で溢れていますし、ご飯も美味しかったです。ルーブル美術館にも入場出来ました。

日本からの入国

ワクチン接種済みの方はPCRの陰性証明書は不要です。
(日本のワクチン接種証明書をご用意)

ワクチン未接種の方は出発72時間以内のPCR検査または抗原検査による陰性証明書が必要です。
入国用の陰性証明書に関しては英語で明記されているものを用意しましょう。

誓約書が必要

Certificate of international travel
To deal with the virus and contain the introduction of its variants, border control measures are temporarily needed, both on entering and leaving the country.

フランスのサイトの下の方にある、イギリス国旗のDOCXから書式をダウンロードすることができます。事前に入力して、印刷しておきましょう。

内容は上から順に
「名前」「性別」「出生地」「国籍」「住所」「出発地(都市/国)」「目的地(都市/国)」

・過去48時間に次のような症状がなかったことを名誉に宣言します。
-発熱または悪寒
-通常の咳または悪化
-異常な倦怠感
-異常な息切れ
-異常な筋肉痛および痛み
-異常な頭痛
-味覚または嗅覚の喪失
-異常な下痢

・私はここに、出発前の過去14日間に確認されたCOVID-19の症例と接触したことを知らないことを名誉に宣言します。

日付とサインを書いて完了です。

衛生パスの取得

以前はWebで申請できた、衛生パスの取得が終了してしまいました。

現在は、フランスの薬局で20~36€で発行してもらえるようです。
現地で直接するか、入国前にメールで問い合わせすることもできます。

QRコードを保存するためのアプリがあるので、事前にダウンロードしておくとスムーズです。

TousAntiCovid | TousAntiCovid
Protect our loved ones, protect ourselves and protect others. With TousAntiCovid, participate in the fight against the epidemic by limiting the risk of transmis...

現地の薬局に行く場合

パスポートと日本のワクチン接種証明書を用意してください。

保健省のサイトに、衛生パスを発行してくれる薬局の情報が載っています。

How to obtain a health pass in case of vaccination abroad?
Since the 9th of August 2021, a health pass is mandatory to access certain events and places to m

安心なのは、空港の薬局で取得することではないでしょうか?
空港のホームページに衛生パスについての案内と薬局の情報が載っています。

Passe Sanitaire EU

シャルル・ド・ゴール空港

  • ターミナル 2AC
    パブリックゾーン(営業時間:午前8時から午後21時)
  • ターミナル 2E
    パブリックゾーン、出発レベル(営業時間:午前6時から午後20時)
  • ターミナル 2F
    パブリックゾーン、出発レベル(営業時間:午前6時から午後20時)

パリオルリー空港

  • オルリー1-2
    パブリックエリア、出発ゲート21d(営業時間:午前7時半から午後19時30半)
  • オルリー3
    (営業時間:午前8時から午後15時)
  • オルリー4
    1階パブリックエリア(営業時間:午前8時半から午後19時)

薬局にメールする場合

パスポートと日本のワクチン接種証明書を写真で撮るかスキャンして用意してください。
フランスの薬局に上記の2つをメールで添付して送ると、返信でカード決済の案内が届きます。
決済したら、証明書とQRコードが送られてきます。

どこの薬局にメールすればいいか分からない方は、下記の薬局をおすすめします。
フランス語か英語でメールを送れば対応してくれます。

https://www.totum.fr/

ワクチン未接種の場合

衛生パスは取得できません。
しかし、陰性証明書があればレストラン等に入れるとのことです。
旅の途中で検査のできる病院を探すのは大変ですが、パリでは薬局や観光地で簡易的なテントを設置してあり、抗原検査が出来ます。
15分ほどで完了して、28€です。(店舗によって違います)
結果はメールでお知らせしてくれます。

帰国PCR検査(パリ)

日本国大使館のホームページに日本語が通じる医療機関が載っています。

日本入国時に必要な書類・留意事項

シャルル・ド・ゴール空港でも検査を受けることができます。
空港のホームページに「Covid-19:Screening Center」と案内があります。
Webで事前予約をしましょう。
値段は50€です。検査は15分程で、当日オンラインで結果が確認できます。
翌日、日本所定のフォーマットで陰性証明書を受け取れます。

フランス国内のクリニックで検査を受けることも可能です。
日本所定のフォーマットを日本で印刷して持参すると安心です。

【水際対策】出国前検査証明書

Follow me!

コメント

PAGE TOP